読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨーロピアン

マスターのこと

今回の旅行ではっきりしたことは、マスターはヨーロッパ人にヨーロッパ人だと思われること。
パリでもパリジェンヌに「馴染んでる」と言われ、イタリアでも「馴染んでる」と言われ、ウィーンでは「100%イギリス人」と言われてましたからね(そんなにキッチリしてないと思いますが)ヨーロッパの方がマスターは自然です。

あのボサボサ頭も、人の言うこと聞いてない感も、我が道を貫く感じも日本だとちょっと浮いてるところがありますが、ヨーロッパだとまったく自然!

これは佐渡さんが撮ってくれたマスターがウィーンを歩いてる写真です。

f:id:kazumi-amitie:20150624012323j:plain

そして、今回木馬関係のみなさんが心配してくれた、「白米我が命」というマスターの食事ですが、「米はまったくいらない!」と言ってました。
言うんじゃないかと思ってたんですよ、どこの国も食事美味しいですからね。
よく食べ、よくワインを飲み、よく歩いてました。
マスター、日本にいるよりヨーロッパにいるときの方がよっぽど健康的だわ。