文章上達したいです

声かけてくれてる人たちに恥かかせたらあかん、恥じかかせたらあかん、という使命で来週締切の頼まれた文章を書いてるんですけどね。
歌手なのに昔から意外と文章依頼が多くて、このブログ書き始めたときは文章の練習にもなるしと思ってましたが、本日休演書きはじめてかれこれ13年。
一向に向上しないってどういうこと???
添削もされないし、好き勝手に寝る直前の5分間で書いてますから上達しませんよね。

「まぁ、そんなもんでしょ」
というマスターの声が聞こえてきます。
言われてませんが言われてるように聞こえます。

ところで、坂田明さんのトリオ、続々と申し込みありますので、ご予約はお早めに!! 

バカンス日和

またこの景色です。しつこいですね。
どれだけここの景色好きやねん!って感じですよね。
きょうは昨日のオペ後の消毒で明石へ行きました。

ところで、ここ1週間くらい隙間時間に大変な本を読んでいます。
神戸空港、新長田再開発、神戸医療産業都市について。
私は本をあまり読まないので文字を読むことに慣れてませんが、これは超・大変ですが読んでます。

神戸百年の大計と未来

神戸百年の大計と未来

 

そうそう、この本からではないのですが、
最近やたらと「インバウンド」ということばが聞こえてきます。
神戸は1回来たらおしまいの周遊観光はいらない、毎年毎年長期滞在できるリゾート地にするべきだー。こんな海岸や六甲山やあるし〜!
と思ったら、神戸ってそういや「アーバンリゾート都市」とか言ってましたね。最近も言ってるのでしょうかね。なんか懐かしい響きだわー。

インプラントオペ2回目

この景色を撮ってるということは、歯医者です。

やっぱりここに来ると撮ってしまう元・須磨っ子でした。

インプラントというのは手術1回型と2回型があるようで、私は2回型。
きょう2回目のオペでした。
「メス!」と先生が言ったときは、びびりました。

この景色を見ながら三ノ宮に戻ってきて、そごうの食料品コーナーに行ってしまって、麻酔が効いてるもんだから小麦粉3キロ、野菜やなんだかんだ買ってバス停に行く途中に、口の中が血だらけになりました。重いものは持ったらダメですね。
前回も麻酔効いてるうちに買物し過ぎて三ノ宮で困りましたが、まぁ自分でもあきれるくらい食べ物に執着あるというか、、全然進歩してないです。。。
家に帰っておとなしく横になりました。

でも今の時期、ホームページ作業に慣れてるものですから、この勢いでベッドでゴロゴロしながらLINE@童謡サロンを作りました。
これに登録していただくと、来週の童謡サロンの盆踊りの入場料10%割引クーポンもついてます。
1. 【メニュー】ボタンをクリック
2. 【メイン】ボタンをクリック
3. 【クーポン】が出てきます

盆踊り来れない方も、童謡サロンのLINE盛りあげ協力として、よかったら登録してください〜!よろしくお願いいたします。

こちらから

LINE Add Friend

もしくはこちら

f:id:kazumi-amitie:20170819020333p:image

 

木馬のホームページようやく開設

すごい勢いでスマホ対応の木馬のホームページを作っております。
というのも対応版作ると言い出してから、かれこれ4年くらい経ってるんじゃないでしょうか。

ホームページにマスターのブログ「木馬の行ったり来たり」というコーナーがあるのですがマスター全然書いてくれないので、書いてない期間は私が書くことにしました。
しょっちゅう更新しないと食べログのページに負けますからね。
(カンペキに負けてますけど、いくら更新しても負けると思いますけど、笑)

書く時間はないけど自分の投稿と一緒にして欲しくないマスターは
「あなたが書くときの名前を考えなさい。【木馬やっこ姫のブログ】とか【姫やっこブログ】とか」と言うので、そのまま「木馬姫やっこのブログ」としました。

マスターの工事、修復、制作日記にしようと思います。
たまにのぞいてくださいませ。

木馬のホームページ
http://mokuba-kobe.com

兵庫県旅券事務所にて

パスポート切れてることが航空券買ってから発覚したので、あわてて兵庫県旅券事務所へ。

事務所に入りきれないくらいの長蛇の列で午後は全部時間取られましたが、写真館から偶然一緒になったとてもお洒落で姿勢も抜群に良いレディとずっとおしゃべり。

「今回はさすがに5年のパスポートにしたわ。いま81才だしね!」
「えええーーーっ!!!(心底 驚いた)」

彼女のパスポートは、ペルー、アルゼンチン、ロシア、インドネシア、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、中央アジアの「---スタン」がいっぱいつくあたり、アイルランド、スコットランドなどなどスタンプがぎっしり。
最近はオーストラリアへ、昨年(80才)はメキシコに大きなリュック背負ってバックパッカーのように行ったらしい。
インドネシアの島(バリではない)に一人で泳ぎに行ったのは2014年。


子育てが一段落した36才から海外に行くようになったらしいけど、今でも年に3回は海外へ、週に2回英語の教室へ、週に1回世界の歴史のカルチャーへ。
これだけ旅行してる人だから一期一会で楽しむ術がいっぱいで、初対面の相手との会話が上手い。3時間くらい待ったけど、めちゃくちゃ楽しい話をいっぱい聞いて、待ちくたびれるはずが、大笑いした旅券事務所でした。

そうそう、次に行く国は、半年以上有効期限が残ってないと入れてくれない国らしい。
開拓精神旺盛ですね。私は基本的に開拓精神あんまりないし、見習わなあかんわー。

蓮池

マスターの生まれ育った加古川。播磨は蓮池が多い地域です。
京都とか蓮で有名なお寺へ行っても加古川の方が断然すごいといつも思う。(手入れは断然負けてると思いますが)

マスターは小さい頃はここにタライを浮かべて手で漕いで、蓮の実を取って遊んでいたらしい。いまはもちろん遊ぶの禁止。
f:id:kazumi-amitie:20170814212534j:image
「余計なおせっかいだ。危険かどうか自分で判断できるようにならねばならない!」とマスター。(注:いくらマスターでも降りていこうとしてるわけではありません)