化粧と一緒

最近のワイドショーで乱暴なことば使いで炎上してる女性議員を見ると、しっかりお化粧してるのでなんか違和感あるというか、、、
ことば使いも「化ける」重要な要素で、化粧と一緒な気がするのですが。
って、私も美しいことばを使ってるわけではないので、えらそうなことはさーーーーっぱり言えませんけど、「声」や「ことば使い」は「化粧と一緒」と思います。

お化粧落としたら、ことば使いスイッチもOFF、化粧したらことば使いスイッチONにするのどうでしょね。

かれこれ40年

小学2年生からの友人です。

私は鍵っ子だったので、母親が帰ってくるまで2人はほぼ毎日家に遊びに来てくれました。テレビで西遊記見たりしてたなぁ。老眼がどうだ、更年期障害とはどんなものかとかそんな話題になって、えらいこと年齢を重ねたのですねー、いいことだ。

f:id:kazumi-amitie:20170722014118j:image

カロリーこわい

今週末から木馬はパーティ続きで、オーブン料理をいろいろと試作中ですが、これはフライパンで作るパン。焼いてからオリーブオイルに漬けるという、カロリー恐ろしすぎるパンであります。可愛くできました。

f:id:kazumi-amitie:20170720232923j:image

結び目って良いし、ニンニクと赤唐辛子で味も好みですが、やっぱりカロリー恐ろしすぎる〜

でも砂糖やバターも入ってないし、意外とカロリー低かったりして、、、。いや、やっぱりカロリーこわい。

このレシピ

lacucinadianisja.blogspot.jp

フィガロの結婚

f:id:kazumi-amitie:20170720000716j:image

オペラ『フィガロの結婚』へ。まず一番に序曲大好き!イントロドンでワクワクです!ケルビーノのアリア「恋とはどんなものかしら」は大学入試の受験曲でした。それにしてもチェンバロすてきだったなぁー。もしも今10代で、何か楽器始めるとしたらチェンバロがいいなぁー。


終演後、佐渡さんの楽屋でお会いした京都オ・グルニエ・ドールのシェフご夫妻と、神戸サ・マーシュの西川シェフご夫妻と木馬マスターと私の6人でカフェ。3店舗共、水曜定休日。
スミマセン、私が店のパン焼いてますと西川シェフに打ち明けてしまいました。恐れ多過ぎ!

ニュースもろもろ

100才超えても現役医師だった日野原先生も人間だったんだ。。。
もう仙人の域でまだまだご活躍されると思ってました。
山田耕筰さんの主治医だったそうです。

きょうのニュースのもうひとつ、二重国籍。
国籍ではないですけど、20年くらい前に東京の実家のある区役所に行くと、住民届け(戸籍なのかどうかはわからない)が重複していました。
「同じ名前で同じ生年月日の人が2つあります。京都の住所と東京の住所」と言われて、調べてもらったら、どちらも私で、一つ消してもらいました。
まぁ、今の時代はそんなことないでしょうが。。。

というわけで、きょうもマスターは音響の修理と工事とセッティング。

f:id:kazumi-amitie:20170719021827j:image

垂水の記憶

小学校1年生まで垂水に住んでました。どなたかご存知ないですか?

●鉄道模型が注文した飲み物を運んでくれる喫茶店
垂水駅の近くだったと思うのですが、楕円形のテーブルで楕円形の線路があって、注文した人の前で鉄道が止まる喫茶店。

●ジャスコかダイエーかの前に本物の子象がいた。
象が売られててビックリしたような記憶があるんですけど、とにかく垂水のスーパーに象がいた!

探偵ナイトスクープに出してみましょうか。鉄道が運んでくれる喫茶店が今でもあればもう一度行ってみたい〜!